故障の前に対応したい!水漏れ修理と蛇口交換の必要性

シングルレバーで起こる!蛇口トラブルと効果的な対処法

水漏れがなくても依頼可能~故障の前に対応しよう~

工事

別に水漏れ修理をする必要はないけれども、予防のために業者にお願いすることは可能です。早めに修理することで、より長く愛用できます。

水漏れ修理業者に相談

水漏れのトラブルが起きる前に予防的処置として業者に修理を依頼することで、不具合なく水道を利用できます。もし不具合が起きてから修理を依頼すれば、症状によっては大掛かりな工事が必要になるかもしれません。さらに集合住宅の場合、水漏れなどで階下など近隣住民に迷惑をかける可能性もあります。そう考えると、定期的に水漏れ修理業者の点検・修理を受けることは大事です。

シングルレバー式蛇口の直し方

蛇口が固いまま使っているとどうなるのですか?
蛇口が固い状態で使い続けるといずれ不具合の起きる可能性があります。水漏れの他にも、水洗そのものを破損させてしまうこともあります。いつもと比較して、栓を回しにくくなったと感じているのであれば、早めに水漏れ修理業者に相談してみることです。大掛かりな工事をする必要がなくなり、お金も手間もかからずに済みます。
水漏れ修理業者はどのように蛇口を直すのですか?
部品交換の場合、交換する部品が見つからない可能性があります。シングルレバーの寿命と補修部品を提供している期間は10年とほぼ一緒です。つまり修理が必要になった時、部品が見つからないということも起こりえます。蛇口そのものを交換した方が部品交換と比較して、手間も費用も掛からずお得なケースが多いです。節水効果のある蛇口も出てきて、水道料金を節約できるメリットもあります。

アパートでの水漏れ修理~大家さんに相談?~

アパートで暮らしていて水漏れが発生した場合、自分で水漏れ修理業者に相談すべきか、大家さんに話すべきかで迷う人もいるでしょう。

まずは大家に連絡

女性

もし賃貸物件で水漏れのトラブルが起きた場合、大家さんに連絡するのがベストです。勝手に判断して水漏れ修理をすると、大家さんに請求しても断られる可能性があるからです。大家さんに連絡して、水漏れの起きている箇所を写真撮影しておきましょう。もし水漏れが起きた起きていないでトラブルになった場合、証拠資料になるからです。

修理費用を支払う人

消耗品の場合
ゴムなどのパッキン部分の交換をしたい場合には、入居者が水漏れ修理の費用を負担するのが一般的です。その他にも取り扱いに問題がある、手入れがきちんと行き届いていないことが原因のトラブルの場合には入居者が費用負担することになります。もちろん入居者の過失によって、蛇口や水道などが破損した場合にも入居者の自己負担です。
本体部分の場合
入居者が普通に使っているのに修理が必要な場合には経年劣化による故障ですから、大家さんの負担となります。給排水管の異常や蛇口本体の劣化や破損のあった場合には、基本的に大家さんの費用負担となります。例えば蛇口がどうも硬くて、水が使いにくくなったと言った場合には大家さんが料金を支払うことになるでしょう。
TOPボタン
シングルレバーの蛇口は水漏れ修理業者に交換依頼をしよう